プログラマを育てる訓戒となる名言

プログラマの仕事は、コーディングをすることによって機械に対する指示書をプログラミング言語によって作成し、実際に機能するプログラムを作り上げることです。機械は指示通りにしか動くことができないので、与えられたインプットに対するアウトプットが正しく行われるように論理的に全ての事象を網羅するように記述しなければならないという難しさがあります。

そのため、小さなミスをしてしまうだけでプログラムがうまく動作しないということが多く、そのデバッグがコーディング以上に困難を極めるケースがほとんどです。

こういった状況がもたらされることが多いプログラマの大変さをうたった名言がたくさんあります。
バグを直すともっと多くのバグが増えるとか、バグ探しを始めても見つからないときは一番始めに探したところにあるとか、皮肉なタイプのものが多く、忙しい生活の中にもちょっとした笑いをもたらしてくれるものでもあります。

その一方で、訓戒という側面もあり、プログラミングをするに際して忘れてはならない考え方を盛り込んだものであることから、プログラミングを勉強していく中で気分転換も兼ねて学んでいくと役立つものです。この他にも、誰にでもわかりやすい構造のコーディングをすべきだとか、デバッガとなるにはプログラマよりも優秀にならなければならないといった意味合いのものもあり、プログラミングの世界について理解するにはとても役立つのが数々の名言なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です